BLACK★CHOCOLATE -OTTER'Sな日々-

信州の蕎麦処戸隠に暮すチョコラブtacoと黒ラブloveの保護者mikiの日々の出来事&思う事を綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

病院に駆け込む日々

08033104.jpg

病院に駆け込む。。。
ワタシではありませんよー。
ワン達です。

特にラルフ。


先月の話になりますが。
久々のながーいお留守のストレスと雪遊びの冷えからか、朝起きるとラルフのサークルがGPの海。。。ってことがありました。

元気はいいので取り合えずご飯抜きでサークルの掃除をヨシ君と2人でして、午後の診察に一番乗りで病院に。

整腸剤と整腸フードを処方していただいて、ペニシリンのお注射をちゅ~っと一本。

家に帰ってしばらくするとラルフの様子がおかしい。

肛門線が痒い時みたいなしぐさをしだし、体中カイカイみたい?
お腹を見ると赤い発疹が
お顔も見る間に蜂に刺されたみたいにボコボコに腫れて来て

『アレルギー?!』

慌てて病院に電話し、これからまた連れてくるように言われる。

そうこうしている間もせつなそうにヒューヒューないて、火がついたように階段を登ったり尋常じゃない。

病院に着く頃には痒みもダイブ引いて、結果は『ペニシリンアレルギー』
もっとひどいとアナフィラキシーショック?
前向きに考えたら、この程度でアレルギーが判ってよかったのかも。。。

お腹を壊しているからこの日の夜ゴハンも貰えずラルフにはホントにせつない一日だったね。

この一件以来、ヨシ君が
『ラルフ、トイレなくてかわいそうだったな。。』
夜寝るとき、お留守番の時はサークルに入っていました。トイレはサークルに入れるとそこでは絶対しない上にいたずらするので入れていません。
でも長いお留守番の時はさすがにそれはかわいそう。と、八面サークルを買って、サークルにくっつけてトイレスペースも確保していたのですが。
そんな八面サークルの出番はたった2回。
今ではラルフは完全フリー(リビングだけですが。)でお留守番&ご就寝です。




そして、今月10日。
夜勤で出勤だったので、夕方の散歩はショートサンポ。
サンポから帰っていつもの様にお風呂場で足を洗ってあげて。あげて。。。

ん??こんな肉球あったっけ?

良く見ると大豆大の腫瘍。

頭の中が真っ白になり、出勤前なのにかっ飛んで病院に駆け込む。

08033101.jpg


多分、皮膚細胞球種だから、(良性)塗り薬を塗って、今月末位に小さくならなかったら切りましょう。

との診断。

1歳以下の若い犬に多く、そのうち消えるからー。とのことだった。


ワタシが出社するちょっと前に帰ってきたヨシ君にそう話、腫瘍を見せると。。。

相当ショックだったらしく。

2日後に『すぐ切ってもらおう。』
と言い出した。

tacoloveの先代犬のゴールデンのベン君はアブに刺されたところに腫瘍が出来て亡くなってしまったのだけれど、どうやらその時の出来物とダブってみえたらしい。
当時ベン君に十分な事をしてあげられないで別れになってしまったので、ヨシ君の頭の中は
『とにかく早く切りたい!』でいっぱいの様子。

12日に夫婦+ラルフでまた病院に押しかける。
この時病院には3人の先生がいて、三人が三人とも『皮膚組織球種』の診断。

ワタシと先生三人は切るには全身麻酔だし、そのリスクを考えると様子を見るのがベターで合意。

ただ一人心配性のヨシ君がどうしても気になる。。。と言い張る。

先生が見せてくれた本には

大豆大の腫瘍が現れ、飼い主が慌てて連れてくる。
1歳未満の若い犬に多く、足に良く出来る。
腫瘍はあっという間に大きくなり気付いた時には1センチくらい。
大きくなっても2.5センチくらい。
その内に消えてなくなる。

と書いてあった。

もう、ワタシがした行動そのもので、『その通り!』と叫んでしまった。

で、結局その腫瘍は現在様子見。


そして、21日。
tacoloveをお泊りさせようと迎えに行くと、loveの様子がちょっとおかしい。
普通に歩いて走っているのに、たまにビッコをひく。
車に乗せるためにヨシ君が足を拭こうとしたら『ひゃん!』と悲鳴をあげた。

おかしい。。。。

とりあえず連れてきてシャンプーしたのだけれど、痛い右後ろ足はあまり触らせてくれない。

洗い終わってよく見てみると

ひぇぇ~~~。
生爪がパックリ爪の生え際まで3ミリくらいの幅ではがれてるよーーー。

で、また慌てて病院。

『あ~。。痛くてかわいそうだけどぉー、切る。(はがれてパカパカしている部分を)で、焼くから。』

先生、注意事項は?のヨシ君の声に

『特に無い!』

しばらくは痛いだろうから、後は本犬に痛くならない様注意してくらしてもらおうね。


そして。。。
27日。
朝起きるとラルフが異常に体中痒がる。
ウンもちょっとゆるい?

午前中は躾け方教室だったので、とりあえず行って、午後はワタシの美容院だったので、お留守番してもらう。
朝ほど痒がってないなー。帰ってきたら様子を見て。。。

と思って夕方。
サンポに出る時にまた異常に痒がるので掻いている所を触ってみると、人間が蚊に刺された時に腫れるみたいなカンジで盛り上がっている。

ウンだけさせてサンポ中断でまた病院に駆け込む。

アレルギーなのか?アトピーとかなのか?
悪化すると脂漏症など引き起こしかねないので、とりあえず今回はステロイドで様子をみるよ。
と整腸剤とステロイド剤をもらう。

帰ってきてゴハンをあげてから薬もあげる。

すると一時間しないうちにリバース。
それまで大人しく普通に寛いでいたのに。立ち上がって突然。割と楽に。

またまた慌てて、もう病院も終わっているので先生の自宅に電話。

整腸剤だけあげて、ゴハンは明日の朝、いつもより少なめに。
ステロイドは3錠だったのを2錠で様子を見て、異常があったら電話して。

とのコト。

ステロイドをリバースしてしまったラルフはまたまたカイカイ。

翌朝に言われたとおりに薬をあげると、カイカイも治まり、ここ2日位カイカイでよく寝れなかったみたいで朝から爆睡。

ストレスとかアレルギーとかなのかな?
ホントに手のかかる息子。。。

まぁ、まだ1歳前だしね。


1歳と言えば。

このままだと流す事になる有休の消化もかねて4月3日から3泊4日で伊豆に旅行に行く計画を立てていた。
図らずも4月4日はラルフの誕生日。

もちろん。旅行は中止。

tacoloveはじいじとお留守番してもらう予定だったから、tacoloveの呪いかも~^^;

ので、今日はハーツドッグに行って少し早いお誕生月ケーキのプレゼントをしてもらいました♪
(お誕生月のワンちゃんにワンコケーキをプレゼントしてくれます♪)

08033103.jpg
ワンコのチーズケーキとワタシの桜のシフォンケーキ。


いたずらや躾けで困った事があまりない反面、病気の事では色々勉強させてくれるラルフ君。

1歳、2歳と丈夫になって下さいね。
08033102.jpg

スポンサーサイト

テーマ:レトリーバーと暮らす - ジャンル:ペット

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。