BLACK★CHOCOLATE -OTTER'Sな日々-

信州の蕎麦処戸隠に暮すチョコラブtacoと黒ラブloveの保護者mikiの日々の出来事&思う事を綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

勝手に言わせて。熊と鮭。

思う事を あくまで自分の考えだけで 勝手にブツブツ言う。
勝手に言わせて。
関係者各位(果たして私のブログを目にする事があるかどうかは ? ですが。笑。)
よくモノを知らない無知な主婦が勝手に言っていることです。
間違っている記述等多々あると思いますが、
お許し下さい。

本日カテゴリ追加!


最近連日のように熊出没のニュースが報道されています。

でもね、思うんです。

その報道の仕方、あまりに熊さん悪者ではないですか??

確かに自分の近しい人、家族が襲われたら
『駆除(撃ち殺して)しまえ!』って思うかもしれない。
ほおっておいたら、いつか自分もしくは自分の大切な人やワンコが襲われる事になるかもしれない。

でもね、熊さんだって人里に下りてきたくて来ているワケではないと思うんです。

最近では人間を怖がらない熊とか、人間の食べ物の味を覚えてしまって好んで下りて来る熊もたくさんいるかもしれないけれど。


この間柏崎に鮭を見に行った記事に、北海道在住のゆりっぺが
『loveちゃんを熊さんと思ったのかもね。』ってコメントをくれた。


ワタシは記事の中で『黒いハンター』と比喩した。

言われて見れば 
あ~、なる程。黒いし小熊ちゃんみたいだよね。

とその時は思った。

2-3日して、車を運転していてふと思った。

『そうか~。北海道は鮭と言ったら豪快に鮭を捕まえてイクラぶちゅ~!だよね。
でもさ、本州だって鮭の遡る川は沢山あるのに、なんで本州では熊が鮭を食べる、ってイメージないんだろう?』

それは内陸部まで鮭が遡ってこないからだよね。

戸隠キャンプ場付近を流れる鳥居川にだって、はなばぁが若かった頃は鮭が遡って来ていた。って話だ。
その頃はきっとそんな光景が見れたのかも。

熊が里に下りて来るきっかけは、植林なんかで食べ物になる実をつける木がみんなカラマツや杉になってしまったからだとばっかり思っていたけど、

もしかして鮭も貴重な食料原だったのでは???


とダンナに話すと、ナイスなタイミングで
先日放映されたと言うテレビのDVDを見せてくれた。


北海道知床半島。世界遺産。
近年観光化が進んで、観光客の前にゆうゆうと闊歩するヒグマの映像。

人を怖がらない熊を『第三世代ベアー』と呼んでいるらしい。

そんな知床半島にlUCN(国際自然保護連合)から
『ダムを撤去し、鮭の生態系を守るよう』と言うような(曖昧。笑)お達しがあったんだって。

知床には40近い川があって、(これも曖昧。)
羅臼川を例にとって説明していた。
羅臼川には砂防ダムなど30箇所以上のダムが有り、
産卵に遡ってくる鮭は河口近くの簗場(?)で足止めをくい、飛べないコはそこで網にかかってしまう。
コレは本州の川と同じ。

その鮭をダムを撤去して、本来遡っていた森、山まで遡上させて、産卵させ、鮭本来の生態系を確立するよう。
というような内容。

でもこの羅臼川、土石流、鉄砲水の出やすい川で(知床の地形上、他の殆どの川もそうなのだろうな。)
川沿いで暮らしている住民の事を考えるとやはり 撤去 とはいかない。

そこで、魚道を作る。と言う案が。

現在は住宅街の辺りで魚道は終わり。

住宅街まで鮭の遡上が見られるようになったけど、
新たな問題。
森の熊が住宅街まで鮭を食べに来る。

そして、また 駆除。。。


ようは、鮭が生まれた川を遡って、ホントに沢筋まで遡って行ったらいいんだよね。


なぜIUCNがそんなコトを言うのか。

熊さんの食料確保もあるのだけれど、
その意味はもっと大きい。

支流、沢筋まで産卵で遡った鮭が無事本来の目的を果たして産卵し、
やがて命つきる。

鮭を捕まえた熊がそれを食す。
イクラを出し、頭の後ろをかじり、全てキレイに食べずに
また次の鮭。
鮭を川から離れたところまで持っていって食べる熊もいる。

ある意味 食い散らかし の熊の獲物の残り物を他の小動物たちがついばむ。

そうして息絶えた鮭の残骸たちは
やがて土にかえり
豊かな栄養源となり
森を育て
川を育て

そして豊かになった森の恩恵を動物達が食す。


鮭鱒類の遡上にはそんな壮大な意味もあるのです。



今日周りの山々を眺めて
改めて思う。

赤くなったりオレンジになったり黄色になったり、
紅葉しているところは広葉樹、落葉樹

暗い 緑色をしている所は
全部 杉。

ブナやナラの木が沢山あった頃は
山はもっと 燃える様に 美しかったんだろうな。

壊すのは一瞬だけど、
作り上げるのは膨大な年月。


こんな事つらつらと書き綴っても
ワタシには何にも出来ないんだけどね。

でもね、

『熊は悪者!』的な報道だけでなく、
もっとこおいうお話もして欲しいよね。

そうやって育つ子供たちはかわいそうです。
スポンサーサイト

勝手にブツブツ。 | コメント:7 | トラックバック:0 |
<<寝てばかり。 | HOME | 谷根川に鮭を見に行く。>>

この記事のコメント

久しぶりの更新だと思ったら(!)深いなぁ。
確かにそう思う。里に下りれば犯人熊のように加害熊だけど、山で暮らす彼らは人間の被害者でもあるんだよね。
最近こっちのニュースでは、熊を里に来ないようにさせる、熊対応の犬(名前忘れた)の事とかやってたけど、実際はどうなんだろう?あまりこっちでは熊ニュースは少ないかも。(都会はそういうことに、うといことも問題かも。)
魚もさ、釣りキチ三平にはまってた頃、ずいぶん考えさせられたけど、漫画の中の土地も、今では違う風景なのかもしれない。
なんか、悲しい。。。
わりばし使わないとか、ちょっとした自然貢献しか出来てないけど。。。
2006-11-18 Sat 00:14 | URL | バボビ #-[ 編集]
ちょうど鮭見に行く前日に世界遺産見てね。
その夜ダンナは「熊と鮭の溯上が見られるツアー」に参加してる夢を見たらしい。
鮭は登っているけど熊がいないからみんなで熊がいる場所にぞろぞろと川の中を移動。
魚道にもう少しで登れそうで登れない鮭がいてつい手を出したら管理者に「触るな!」って怒られたって夢。(苦笑)
熊問題は難しいね。熊に怯える日々を過ごす前は保護!って思ってたけど
実際、熊が恐いのでびくびくして暮らすのはすごくストレス。
田中知事の政策で熊を撃たなくなった数年で一気に熊が増えて
数のコントロールが効かなくなってるのが現状だし。
それによって数名の命が奪われ負傷したのも事実。
元々は人間が悪いのは絶対明白なんだけどね。。
山の一角を囲って巨大な自然サファリ状態にして里に下りて来れなくして
熊を保護したらどうかなぁなんて考えることもあるけど
実際やるのはかなり無理があるだろうなぁ。。
2006-11-18 Sat 16:34 | URL | まーちん #SOd4HuBM[ 編集]
北海道のゆりっぺです。笑
自分は生まれも育ちも北海道だから感覚が違うのかもしれないけど。
(どさんこがみんなそうとは限らないのであしからず。)
私は熊さんの住む場所に人間がズンズン入っていったんだから
熊さんが驚いて暴れるのも無理ないかなぁって思ってるの。
だからルールを守って共存しないと事故は起きてしまうわけだよね。
ただ最近は温暖化の影響なのか食糧難なのも確か。
人里に下りてくる熊も年々増えてるような。。。
食料が豊富で安心して住める森があった頃はこんなこときっと無かったよね。
北海道の何処だったか忘れたけど、番屋で作業している漁師さんのすぐ
傍を熊が通っても決して襲わないんだって!凄いよねぇ。
きっと昔はそんなことが当たり前だったのかなぁ。
2006-11-19 Sun 00:56 | URL | yuri #Zqfs2FC6[ 編集]
「熊が民家を襲う!」「熊がハンターを襲う!」そのニュースを見るたびにメディアの矛盾をヒシヒシと感じます。だって、動物番組では「小熊ちゃんかわいい」みたいな事言ってるし・・・・
娘が小さい時、熊が人を襲ったから熊を殺して木にぶら下げた映像を見て娘が「熊を殺さないで~」って泣いたの。すごくショッキングだったみたい。熊が悪いんじゃないって世間の人は判っていても、人が襲われたり畑が襲われたりしたら殺すしかないのでしょうかね。そしてニュースでは悪者扱いになる。又子供達がそれを見てショックを受けて泣くのでしょうか。
でも、実際にはもし熊に遭遇したら腰が抜けるだろうし自分が畑をやっていて一生懸命育てた野菜を食い荒らされたら本当に腹が立つでしょう。
知床の住人は「世界遺産」に指定されてから生活しにくくなってるらしいし。自然保護が人間にとって大切な事なのか、それとも人間中心に考えるのは人間のおごりなのか、ユネスコは本当にそこまで考えて指定してるのか、そう考えるとこの問題は相当奥が深いですよね。
熊だけじゃなく、狐、狸やアライグマ、イノシシ、鹿、りす、全てがかわいいとだけ言っていられなくなる時代が来るかもしれませんね。
「仔鹿物語」(グレゴリー・ぺック主演)の映画で自然と人間の生きる事の厳しさを考えさせられた事を思い出しました。
mikiちゃんすごいテーマをありがとう。
2006-11-19 Sun 08:37 | URL | ちぇるママ #gl4Iif2Q[ 編集]
私も、ニュースを見る度に思ってます。
全て、人間が悪いのじゃないかなぁって。
生態系が崩れていった理由も、どんどん自然破壊してる人間が原因では?

山を切り開いては、住宅街をつくる。
そして、山が悲鳴をあげて、崩れてしまう。
崩れた土砂で家もろとも流される。
これは、山が人間に復讐してるように思う。

動物だってそうだよね。
人間が山をかえてしまった。
本来なら、動物達の食料になる木や実が一杯あったはずなのに、そんな木を伐採して、人間が必要な木を植えてしまう。
そして、食料をもとめて、さまよっているうちに民家のあるところまできてしまう。
悪循環ですよね。

世界では、ところどころで、昔の状態に戻すところがあるみたいですね。
川の流れ方。
昔はくねくね曲がっていた川の道筋を、人間の手で、変えてしまったらしい。そうするとこれまた生態系が崩れてしまったのですって。
それで、思い切って、川の道筋を本来の道筋に戻したのですって。

私は思いますね。
むか~しむかしの、道がまだコンクリになっていなかった頃に戻すべきだと・・・。
2006-11-19 Sun 13:40 | URL | sakura #-[ 編集]
***バボビッチ***
えへへ^^10日ぶりの更新です~。笑。
熊対応の犬はきっと『ベアードッグ』ってやつだと思う。
熊対応の犬種がいるらしいよ。どこの国のワンコか、犬種の名前もわすれちゃったけど。
日本でも違う犬種のコに熊対応の訓練をしたり、あと猿対応の『モンキードッグ』ってのもいるんだよー。
ベアードッグ、モンキードッグの活躍で、里に下りてきて危ない目にあうコたちが減ってくれたらいいね。
人間が追い払うよりも効果あるかもね。
釣りキチ三平ね、あんまり読んでないんだけど^^;
確か作者は秋田出身だったよね。秋田に行った時、三平君がでっかく描かれた路線バスが走ってたよ。
きっと今では違う風景なんだよね。。昔そこで釣れた魚も今はもういないって所も多いんだろうな。。
そういえば、ウチの会社の社員食堂も割り箸やめて塗り箸を使ってる。
個人個人には大げさに大きなコトは出来ないのが現状。
小さな貢献と気持ちをもっていれば、それだけでも少しは違うと思うよね。

***まーちんさん。***
世界遺産、見たんですねー。
たった30分の番組で、深いところまで掘り下げて、ってコトではなかったけど、夢を見てしまったダンナ様同様、ワタシも心に大きくひっかかりました。
熊問題、自然問題全てだけど、ホントに難しいですよね。。。
どっちも生活がかかってるし。。。
ワタシも普段は街場にいて、『熊怖いから遊びにいけないね~。』ですんでいるからこんな事も言えるのかも。
まーちんさんや戸隠のtacolove家の様に自宅に隣接した畑にまで現れるとなると、毎日すごいストレスですよね。。。
どんなに考えても答えは出ないですよね。
海外では絶滅危惧種を保護して広大な敷地で自然に近い状態で生活をサポートして、ってプロジェクトもあるみたいですけど、熊は絶滅危惧種じゃないし、だいたい、絶滅危惧においやってしまったのも人間だし。。

今は撃たれるコが一頭でも少なくすむように。
身の回りに被害が出ない様に。と祈るしかありませんね。。。

***ゆりっぺ。***
どさんこのご意見ありがとう。
ルールを守って共存!そうだよね。
明らかに熊さんのテリトリーに入り込んで襲われてしまうのは半分自業自得だよね。(山菜採りとか。)
はちあわせしない様に気をつけるべきだし。だいたい山菜だって山の動物の食料だしね。
番屋で作業している漁師さんを襲わない熊。
それはお互いのルールを守って共存してるからだよね。
海沿いで暮らしているヒグマさんも沢山いるものね。
将来、そうやって共存出来る様になるといいんだけどね。。。

***ちぇるママしゃん。***
メディアの矛盾。確かに。。。
志村動物園とかでぐっさんが小熊と暮らしてるのとか見て、実際ワタシも喜んで『可愛いww』と言っているし。
その反面、『人を襲う熊!小屋を破壊する熊!』とあおりたてて
親子連れの熊の小熊だけ罠にかかったのを到底母親とは会えないであろう場所にはなしてみたり。。殺されて当たり前的な報道の仕方。
幼い娘さんの目にはすごくショッキングだったんでしょうね。。
今の子供達だって同じだと思います。
人間に飼いならされた物だけが動物ではない。本来の姿は野生なのだ。それぞれの生き方をもっと詳しく教えてくれる番組があってもいいと思うのですが。
知床、簡単に行ける様になった分、マナーの悪い人達が目立つみたいですね。。。
自然の中で人間も生かしてもらっているってコトを忘れてはいけないですよね。
こちらでは鹿と言ったら『日本カモシカ』がポピュラーだったのですが、近年では本当の鹿、あの奈良にいる『バンビちゃん』が出没しています。
もっと南に生息しているはずなのに。
カモシカも鹿も畑を荒らして新芽を食い荒らして、いのしし、猿も害獣です。
熊ほど命に関わらないからクローズアップされないのでしょうが、そういった動物たちの命もいともたやすく奪っています。
小鹿物語、ワタシは見たことありませんが、見つけたら今度みてみます。
温暖かもしかり、地球上でみんなが共存して行くのって、人間だけがわがまま言って毎日のほほんと便利に暮らしていてはいけないんですね。。。
2006-11-19 Sun 19:47 | URL | miki #P68vm1n.[ 編集]
***sakuraちゃん。***
そうだよね。全て人間が悪いよね。
京都でも土石流、あったもんね。
人間の都合で植林したり、道を切り開きすぎたりしなければ、山も川も大暴れするコト無く自然の節理で上手く行っていたのに。
もちろん、自然のままでも崩れやすい山や暴れ川はあるんだけど、それもおおきなバランスを保っていたんだよね。きっと。
生態系だって、ちょっと話はそれるけど、
『本来生息していない生物が入ると、そこで生活している動物達がびっくりしたり警戒して生態系がくずれるから犬連れ登山は禁止です。』というところが沢山ある。
でも、人間だって本来生息していない動物だし、そのために道路を開いたり建物を建てて設備を整えたり。
登山客のし尿処理で頭をかかえて周辺の自然が破壊されているところもあるのに、ワンコのマーキングはだめですか?と聞きたくなる。
すべては人間の都合。
でも、その道路に、砂防ダムに助けられているのも確かなのかも。。。

むずかしーね。。。
2006-11-19 Sun 20:02 | URL | miki #P68vm1n.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。