BLACK★CHOCOLATE -OTTER'Sな日々-

信州の蕎麦処戸隠に暮すチョコラブtacoと黒ラブloveの保護者mikiの日々の出来事&思う事を綴るblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

木戸川、鮭釣りフライ2

05101702.jpg
スコットランド伝統のクラッシックサーモンフライ
著名な方のフライは100年前のもので、100万円を超えるものもあります。
これはヨーロッパのアトランティックサーモンをを釣りたいダンナが捲いたもの。一生行くことはないだろうけれど。。。


05101703.jpg
ヘアーウィングのサーモンフライ。
ヘアーウィングとは獣毛と言う意味みたいです。
クラッシックサーモンフライと違いマテリアルが安くて、国内の鮭釣りにはピッタリ。
そうそう、フライのマテリアルは鴨、ニワトリ、ダチョウなどなどの鳥の羽、鹿や牛やウサギ、スカンク、リスなどのコート、あらゆる自然素材(?)を使います。良く考えると残酷?!
ウチには安い材料ですが、ゴロゴロ被毛類が。。。

05101704.jpg
先日のフライを捲く工程を簡単に。
バイスにフックを挟んでドレッシングして行きます。
根掛り(川の底や障害物に引っかかる)しにくい様にフックはキール(逆さま)にしました。
この羽はダチョウの羽。マラブーと呼ばれています。


05101705.jpg
赤く染められたこの羽はゴールデンフェザント(金鶏)
ウィングにドレッシング。


05101706.jpg
そして最後にアイ(目玉の様に見えます。)になるジャングルコック。
貧乏なので良いジャングルコックが買えません(涙)。
良いものは毛がパサパサ割れていなくて、ツヤも有りキレイなハズ。。。


05101701.jpg
ダンナのがんばりの成果♪
これで木戸川のシロサケに挑んでまいります★

スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

フライ・フィッシング | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<木戸川、鮭釣りフライ | HOME | ☆DOG FAN☆>>

この記事のコメント

HN変えました!今後もよろしくです!
ところで、とっても綺麗ですねぇe-420
使うのもったいなくないですか?
コレクションしたくなる気持ちわかるなぁ・・。
2005-10-17 Mon 23:07 | URL | sakura #-[ 編集]
いい名前ですね!
桜の花のイメージですか???
桜の花、大好きi-267日本人だから?(笑)
儚いところと、幹のこげ茶とのコントラストも好き。
人に媚びない凛とした姿が好き。
媚びなくても桜には日本人、毎年会いに行きますもんねe-343
2005-10-17 Mon 23:27 | URL | miki #P68vm1n.[ 編集]
こうしてみると色合いとか綺麗ですねぇ。
ひとつひとつ丁寧につくっていくんですね~知らなかったです。
ほんと、使うのもったいない!
ヨーロッパのサーモン用対になってるから人の目みたいでちょっと
びっくり(笑)
いつか現地で使うときがくるかもよ~e-343
2005-10-18 Tue 01:59 | URL | stipa #bM1nxC7.[ 編集]
そう!我が家では 目玉の羽 って呼んでますi-229
現地で使う時、来るかな~
そしたらstipaさんにも会えるかもーe-343
2005-10-18 Tue 23:41 | URL | miki #P68vm1n.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。